フリーランスの働き方

フリーランスとして時間と場所にとらわれないWebデザイナーの働き方を書いています。これから独学・副業で始めたい方へ少しでも参考なればと思います。

コーディングを勉強してライバルとの差をつける

Date: 2016年02月05日
Category:

コーディングをしっかりできている人とそうでない人の寿命の差は歴然です。Web業界で長く活躍していくには絶対に必要なスキルです。デザインができるだけ、コーディングができるだけでは今後は生き残れないと考えておいたほうが良いです。

コーディングの重要性

コーディングについては以前の記事でも触れましたがWebサイトを制作する上で基礎となる部分です。

ホームページビルダーやDreamweaverはコーディングを補助するためのアプリケーションであり、ホームページビルダーでサイトを作ったからDreamweaverでは開けないという事ではありません。その逆も同じです。HTMLとCSSをしっかり理解しているとどんなソフトで制作されたHTMLやCSSでも対応する事が可能です。

ソフトの使い方をを覚えるくらいなら最初から・・・

ホームページビルダーやDreamweaverなどの使い方を覚えても色んな場面でHTMLやCSSを直接入力しくては行けない場面が出てきます。結局はHTMLを理解しなくてはいけないという事です。

そんな事なら最初からHTMLを覚えてしまった方が良いですよね。プロを目指すのであればHTMLやCSSを覚えた上でソフトを使う事をおすすめします。

おすすめのソフトは?

HTMLをある程度覚えた上でおすすめできるソフトはSublimeTextやBracketsです。無料で使えると事と、WindowsとMacの両方で使えるからです。私はBracketsをメインで使用しています。

HTMLやCSSが分かっている状態でこのようなソフトを使うと作業効率が上がります。どのような所で効率が上がるかというとHTMLを各場合はタグというものを入力していきます。文章だったら<p>というタグや、リンクだった<a>というタグなどを入力します。タグも長くなると<div id=”xxx” class=”zzz”>などが出てきます。

その時にSublimeTextやBracketsなどのソフトを使うと携帯メールの予測変換のようにdと入れるとdivが出てきたりcと入れるとclassと出てきたりします。

現場での現状は?

このようにWeb制作をしていく上でSublimeTextやBracketsを使用する事は重要という事がわかりました。プロの現場ではHTMLを理解した上で作業を補助する役割で使用される事がほとんどです。最初は覚えるのが大変ですがプロとしてやっていく以上避けられません。避けられないこの問題を避けているWebデザイナーも残念ながらたくさんいます。

結果的に表現力や可能性を狭めていき長い期間活躍することの出来ないWebデザイナーとなってします。分業制の会社で働くのであれば構いません。Webデザイナーとして独立してやっていくアナタはすべて一人でやっていく事が前提で考えて下さい。

次は
印刷関係のデザインとは別
について考えてみたいと思います。

場所にとらわれない生き方にオススメ

私も2013年よりランサーズを利用しています。これまで数々のお客様と仕事をさせていただきました。実践を積むことでスキルアップしますので、まずは無料登録してみましょう

クラウドソーシング「ランサーズ」

私の使用しているレンタルサーバー

私が2011年から利用しているレンタルサーバー。容量は256GBもありSSDなので超高速です。運用していてストレスを感じたことがないのでオススメさせていただきています。長く使うので3年契約にすると月額1,000円になるのも魅力です。15日間の無料お試しもついています。

フリーランス・副業の方、情報交換しましょう

フリーランスや副業、異業種など様々な方との交流を募集しています。ご興味を持っていただいた方、お気軽に各種SNSよりフォローお待ちしております。

保管庫」と同じカテゴリの記事一覧

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。