PAGE TOP ▲

大副業時代を生き残るためのブログ。切り売り労働からの脱却、少しでも収入をアップしたい方へ。

TOP どうしたらWebデザイナーになれるのか

どうしたらWebデザイナーになれるのか

Webデザイナーになるためには国家資格があったりどこかに申請をしたりという決まりはありません誰にでもWebデザイナーになる事は可能です。では実際にどうしたらWebデザイナーになれるでしょう。

「私はWebデザイナーです!」と言い切れる境界線

「私はWebデザイナーです!」と言い切れる境界線は、仕事として1つのWebサイトを完成させられるかという点になるのではないでしょうか。

自分のために作る趣味のWebサイトではなく、クライアントから依頼され、仕事を収め、制作料を頂くという所まで出来てプロと言えると思います。

クライアントの要望は様々

Webサイトの制作が依頼される場合、新規でゼロから作るという事ばかりではありません。今時はほとんどの会社でWebサイト運営している事が多いので、リニューア案件の方が多いかもしれません。リニューアル案件の内容も様々で「もっと見やすくして欲しい」とか「かっこわるいからお洒落にして欲しい」など抽象的な悩み事がほとんどです。

そんな時、経験の浅い方ですと「わかりました!早速考えてきます!」と言ってしまいがちです。そしてすぐに持ち帰り、自分なりにデザイン案を考えてクライアントに見てもらうと「もうちょっと違う感じも見てみたいな〜」って言われるのがオチです。これって非常に効率が悪いだけでなくクライアントが不安になってしまう可能性もあります。

とにかくヒアリングが重要

そんな非効率な事態にないためにも私はヒアリングをとても大事にしています。しっかりとしたヒアリングを行った上で見積りやデザイン案を提出したりする事を心がけましょう。

ヒアリングでは、どうして依頼したいのかという根本的な理由から、運営している中での悩み等色々な事を出来るだけ聞く事で完成度の高い仕事ができます。このヒアリングの段階でクライアントがどのように考えているか等も見えてきます。

中には問題のあるクライアントもいますので大きな問題になる前に、やんわりと断る事もこの段階で出来ます。見極める力も数をこなしながら鍛えていきましょう。

Webデザイナーとして独立する最低条件

最初にもお伝えしましたが、依頼を受けた案件を最後まで諦めずに完成させ公開する事がWebデザイナーになる最低条件ではないでしょうか。

こういう感じで記事にすると敷居が高い感じに見えるかもしれません。ですが実際にはそのレベルではない残念なWebデザイナーや制作会社もたくさんいます。そういったレベルの低いWebデザイナーは結果的に長く続けらません。

またお客様の中には、今まで頼んでいたWebデザイナーさんと連絡が取れなくなったりしてサイトを放置したまま困っている方はたくさんいます。そういう意味では営業の仕方次第では幾らでも仕事を掘り起こす事は可能ではないでしょうか。

保管庫の関連記事一覧

タグ打ちとコーディングの違いについて。

2017年05月29日
タグとは何か。。。 まずは「タグ」とは何だろう?という所から説明します。タグとはHTMLで使用するもので例えば「こんにちは!」という文字をそのページのタイトルにしたい時 <title

ヒアリング の重要性を理解することでワンランク上がります。

2017年02月05日
ヒアリング の重要性 ヒアリング がWeb制作を行う上で最重要と考えています。段取り八分です。 例えばクライアントに確認する事が100項目あったとします。最初に全て確認しても、作業しながら

ハッキングにあったのでWordPressの運用をできるだけシンプルに考え直す。

2017年02月03日
ハッキング にあったサイトは現在ご覧頂いているこのサイトです。無事解決しているので運用を再開しているのですが、この機会にデザインも一新してみました。技術的な解決方法は色々なサイトで紹介していると思いま

ランサーズで経験を積む。

2017年02月02日
このサイトを見て頂いている方のほとんどは、未経験者や独学で勉強中の方が多いと思います。ただ実践を積み重ねないことには経験を積むことも出来ないが、経験がない人には実践を与えられる機会も少ないのが現実です

Youtubeのサムネイルの代わりに画像を貼り付ける

2016年12月17日
動画サムネイルの代わりにご自身で制作した画像を表示することが出来ます。これは動画の埋め込みタグ(iframe)をjsに流し込み画像をクリックしたら消え、動画を表示するという順序で動きます。 ※埋め込

専門学校やスクールを出ないとWebデザイナーなることは出来ないのか

2016年02月06日
この質問はWEBデザイナーを目指している方からだけではなくクライアントからも「やっぱりそういった学校卒業されたのですか?」という質問をよく受けます。 私の場合は独学でした 私のお話をさせて