PAGE TOP ▲

大副業時代を生き残るためのブログ。切り売り労働からの脱却、少しでも収入をアップしたい方へ。

TOP ランサーズで初心者が稼ぐには具体的にどうしたら良いのか。

ランサーズで初心者が稼ぐには具体的にどうしたら良いのか。

ランサーズで稼いでいくにはどうしたら良いのか。私が本格的にランサーズを利用してい稼ぎ始めたのが2013年です。まだまだランサーもクライアントも少なく運営者側も利用者も手探り状態だったような記憶があります。

ですが、ランサーズで稼ぐことを実現できれば営業から制作まで全てがインターネット上で完結できると思いました。そうすることで雇われず場所にとらわれない生き方が実現できます。

以前に「ランサーズで実際に仕事をして修行をする」という記事を書きました。今回はランサーズで初心者が稼いでいくには具体的にどうしたらよいかを考えてみました。

ランサーズで実際に収入を得る流れ

ランサーズで実際に収入を得る流れを説明すると、たくさんの案件が紹介されている中から条件にあったもの選び提案します。他のランサーも提案してきますので、その中から選ばれます。クライアントから選ばれますと最終的な条件や報酬の確認になります。

双方で問題がなければ正式に依頼され報酬額がランサーズに仮入金(エスクロー)されますのでそこから作業を開始します。

エスクローのシステムがとても重要

このエスクローがとても重要で、クライントは先払いをしてランサーは作業が完了すると受け取るというシステムです。

ヤフオクを利用されたことがある方はわかると思うのですが、ヤフオクで商品を落札すると落札者はヤフオク側に入金すると、出品者は商品を発送します。落札者は商品を受け取ったら支払いを確定するというシステムです。

ランサーズなどを介さない実際の取引で考えると、一般的な支払サイトは末締めの翌月末払いです。納品から30日以上またなくてはいけない計算になります。さらに未払いのリスクも結構あります。

ランサーズでは制作料から20%程度の手数料を支払わなくてはいけないのですが、これまでのリスクを考えると私は利用すべきだと思っています。

仕事をするカテゴリを考える

ランサーズで紹介されている仕事のカテゴリはたくさんあります。Web制作関連の仕事以外にも印刷関係だったり文章作成、イラスト制作など多岐にわたって募集されています。

Web制作のジャンルだけでも、ホームページ・ウェブデザイン・ランディングページ・・テンプレ・テーマ・HTML/CSS・Javascript・FLASH・アイコン・ボタン・バナー・ヘッダー・SEO・集客・運営・更新・保守などと、細分化されていて件数もかなりあります。

この中から選んでいくのですが、単価が高いとそれなりの技術を必要としますし技術をあまり必要としない場合は単価が安いです。

現時点で自分は何を出来るかを再確認する

実際に案件を見ていくと、募集内容にはいろいろな条件が書かれていて「急募なので2日以内に納品して下さい!」「HTML5+CSS3が必須です!」「スカイプで連絡可能が条件!」など、やってみたい仕事内容なんだけど条件が微妙だなってことが多々あります。

10件提案して採用されるのは1件くらいと考えておき場合によっては5件くらいで決まるときもあれば、決まるまでに20件くらい提案する時もあります。

ですが、なかなか決まらなくても焦らないで下さい。早く仕事を取りたくて思いで、価格を安くすることで決めようとしてしまうと後で大変になりますので注意して下さい。

制作料金のガイドラインの決め方は以前書いた記事「デザイン料金・制作料金の決め方」を参考にして下さい。
https://satchmooo.com/designprice.html

ロゴ制作は難易度が高いです

手始めにロゴ制作から初めてみる方が多く見られますがあまりオススメしません。一見単純そうに見える制作物ですがとても奥が深くプロとアマの差がはっきり出るジャンルです。制作する企業のコンセプトやビジョンやカラーを小さくまとめる仕事ですのでたくさんの知識を必要とします。

気軽にコンペに応募できるジャンルに見えますがそう簡単には採用されないのが現実だと思っておいたほうが良いと思います。

オススメのジャンルは?

まずはバナー広告から挑戦してみてはいかがでしょうか。バナー広告には様々な要素が含まれていて最終的にユーザーにクリックしてもらうことが目標となります。単価は安いですがひと通りの作業を経験できると思います。詳しくは下記の記事を御覧ください。

「まずはバナー広告などのパーツを作るところから始める」
https://satchmooo.com/partswotukuru.html

提案する時に必要なこと

ランサーズで仕事を頂いていくには他の提案者よりも魅力的な条件を提示することで依頼を獲得できます。

私の場合、自己紹介から始めます。何年くらいやっていて何が得意かや、今までにどんな仕事をしていたのかなどを紹介。次に「私が制作するとしたらこんな感じで作ります」という内容をできるだけわかりやすく提案します。そして制作料についてはできるだけ曖昧にしないほうがこれまでの経験上良いと思います。

というのも、お客様は制作側の事は全くわかっていないのでどこまでが料金の範囲内で、それ以上やると有料になるというラインがわかりません。

制作開始する前にヒアリングの重要性を理解する

実際にアナタに依頼されたら制作開始です。お客様を待たせないためにも早く完成したい気持ちからすぐに作業にとりかかりたい気持ちもわかりますがしっかりとヒアリングすることをオススメします。

ヒアリングは重要なので必要な項目をまとめました。
https://satchmooo.com/hearing.html

ここで全体像をクライアントに理解してもらうことで双方の認識の違いが可能な限り埋まります。ヒアリングだけでも2〜3日費やす場合もありますが、作業をスムーズに進めていく上で大切な作業です。手間はかかりますが丁寧にやってみてください。

入金までが仕事です

順調に作業が進み、完成したらランサーズの管理画面で完了報告をします。クライアントが承認し、支払いするとあなたの管理画面に振り込まれます。この時点でまだお金はランサーズにあり登録しておいた口座に振り込んでもらうのですが締め支払いが月に2回あります。

15日に請求すると30日に指定口座に振り込みされ、30日に請求すると翌月15日に振り込まれます。設定は月末のみにできたりそのままランサーズの口座に保留しておく事も可能です。

評価もあります

クライアントは支払いが終わるとランサーに対して評価ができます。食べログの評価と同じようなシステムです。アタナのこれまでの実績を判断する基準にもなるので可能な限り良好な関係を創っていくことで評価も自然と上がってきます。

中には依頼内容にない要望を作業中にリクエストして、「今回の依頼内容にはないので別料金になります」というお話をすると「最初からやってもらえると思っていた」と言われる場合もあります。これが原因で評価が悪くなる場合もあります。

そうならないためにも、依頼を受ける前にしっかりと作業範囲を確認してヒアリングを入念に行うことで「見解の違い」を防ぐ事ができ円満に仕事を進められます。結果、クライアントも満足していただき評価も良くなっていきます。評価が良くなると「認定ランサー」になり、待遇も良くなりますので。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私の場合はこんな感じでやっています。初めて1ヶ月程度では結果は出ませんが、焦らずに一つ一つ丁寧に仕事をすることで結果的に力がついてきます。

行動することで目的の50%は達成されていると言われています。まずは行動しましょう!

保管庫の関連記事一覧

タグ打ちとコーディングの違いについて。

2017年05月29日
タグとは何か。。。 まずは「タグ」とは何だろう?という所から説明します。タグとはHTMLで使用するもので例えば「こんにちは!」という文字をそのページのタイトルにしたい時 <title

ヒアリング の重要性を理解することでワンランク上がります。

2017年02月05日
ヒアリング の重要性 ヒアリング がWeb制作を行う上で最重要と考えています。段取り八分です。 例えばクライアントに確認する事が100項目あったとします。最初に全て確認しても、作業しながら

ハッキングにあったのでWordPressの運用をできるだけシンプルに考え直す。

2017年02月03日
ハッキング にあったサイトは現在ご覧頂いているこのサイトです。無事解決しているので運用を再開しているのですが、この機会にデザインも一新してみました。技術的な解決方法は色々なサイトで紹介していると思いま

ランサーズで経験を積む。

2017年02月02日
このサイトを見て頂いている方のほとんどは、未経験者や独学で勉強中の方が多いと思います。ただ実践を積み重ねないことには経験を積むことも出来ないが、経験がない人には実践を与えられる機会も少ないのが現実です

Youtubeのサムネイルの代わりに画像を貼り付ける

2016年12月17日
動画サムネイルの代わりにご自身で制作した画像を表示することが出来ます。これは動画の埋め込みタグ(iframe)をjsに流し込み画像をクリックしたら消え、動画を表示するという順序で動きます。 ※埋め込

専門学校やスクールを出ないとWebデザイナーなることは出来ないのか

2016年02月06日
この質問はWEBデザイナーを目指している方からだけではなくクライアントからも「やっぱりそういった学校卒業されたのですか?」という質問をよく受けます。 私の場合は独学でした 私のお話をさせて