PAGE TOP ▲

大副業時代を生き残るためのブログ。切り売り労働からの脱却、少しでも収入をアップしたい方へ。

TOP 仕事をやめようかと悩んでいるアナタヘ。『副業』と『独立』の選択を考える。

仕事をやめようかと悩んでいるアナタヘ。『副業』と『独立』の選択を考える。

この記事が気になったという方は、少なからず仕事に対して、将来の不安があるのではないかと思います。転職しようか独立しようかなど、今後の身の振り方について悩んでいる方に読んでいただけたらと思います。




一度立ち止まって考えてみる

もしも今、現在の仕事に対して何らかの悩みを抱えていて、この先どうしようか迷っているのでしたら、会社を辞めてしまうことをオススメしています。「何を身勝手な!」と思われる方も多いかと思いますが、結果的にはストレスを抱えない人生が一番良いと思っているからオススメしています。『副業時代』呼ばれているいまは、雇われているだけが選択肢ではないということを知っていただけたらたと思います。

今日にでもすぐ辞めましょう!と薦めているのではなく、会社を辞めたあとにどうするかを具体的に考えることが大切です。

例えば、今の状況で無収入になった場合は、何ヶ月くらい生活していく蓄えがあるでしょうか。また、雇われることなく自分の力で稼ぐスキルはあるのかなど、辞めたあとの生活をリアルに考えることが重要です。その結果、今は何をしなくてはいけないのかを『逆算』して考えることが出来ます。

会社を辞めたいが年齢的に厳しかったり、転職先はあるが給料ががってしまうなど、勤めていても思い通りにならないことがほとんどです。それであれば見方を変えて『副業』で収入をアップするという選択肢もあるのではないでしょうか。

『副業』から始めるのが時代の流れ

今勤めている会社を辞める準備として『副業』は一つの選択肢であり、『副業』での収入があればいつでも会社を辞められるという、安心材料でもあります。そして副業が本業を上回れば、副業が本業になり、理想の流れになると考えられます。

昔は副業というイメージは、深夜のコンビニバイトやパチンコ店の閉店後の清掃などでした。しかし現在では、インターネットやスマートホンの普及で『場所にとらわれない自由な働き方』ができる時代です。

「そうは言ってもパソコンに詳しい人だけが稼げるのでは?」と思う人が非常に多く感じます。実際に私に相談される方の半数がこのような思考です。しかし、この思考が副業に踏み出せない一番の原因であり、知識やスキルはあとから身につくものなので『やりながらスキルアップする』人が結果的には稼いでいます。実際に私もそうでした。

悩んでいるくらいなら副業から始めてみる

また、会社をやめたいから独立しようと悩んでいる方もいるのですが、まずは副業から始めてみて『自分の力で稼ぐパターン』を見つけるのも一つの方法です。会社を辞めてから『何をやろう』と考えるのも良いのですが、精神的に余裕がない状態が続くのでおすすめできません。

やはり会社で仕事をしながら、自分に合う稼ぎ方を見つけ、実際に稼げるようになってから、副業として続けるのも良いですし独立するのも良いと思います。理想としては、夢に向かって次のステージに進む手段としての『独立』が素敵だと私は思います。

朝7:00に家を出て、夜の11:00の帰宅する。それから風呂に入り寝ても一瞬で朝になる。このような生活も忙しい時期は仕方がないですが何年も続いている方は肉体的にも精神的にもきついのではないでしょうか。仕方なく生活している状態が続いていて「この仕事は向いていない」と思っている状態はすでに辞める時期なのかもしれません。

安定した給料をもらうという事は生きていく上でとても必要なことです。ですが、安定を確約させることで時間やチャンスを失ってはいないでしょうか。もし少しでも自分の可能性にかけたいという思いがあるのであれば挑戦してみるのも良いと思いおます。失敗したって命を取られるわけではありませんので。

おすすめの副業は何か

実際に副業するにしても『何をやったらよいかわからない』という質問も耳にします。そんな方たちにオススメしているのは『Webデザイン』です。Webデザインは色々な可能性が含まれているのでおすすめしています。

Webサイトを作るという仕事はデザイン、コーディング、プログラミング、SEO、マーケティングなど様々な技術が複合されている仕事です。まずはWebサイトをデザインするとことから始めてみて、コーディングのほうがあっているなと思えばそっちに進めばいいし道は色々とあります。

スクールに通うという道もありますがすべての筋道を用意してくれるので自分では何も決断しなくなってしまいます。ですから独学を私はすすめます。

考え方の関連記事一覧